BACK PACK LIFE

またまた小屋へ

2008年01月26日 (土) 15:11 |
       努力の跡


今日も小屋の管理に奥手稲山の家へ

先日北海道を通過した強い低気圧とその後の冬型の気圧配置により

かなりの量の積雪が予想された。大変そう…。

林道にはトレースは無く、厚く雪が積もっている。

出発するがスキーを履いていても腿まで雪に埋まる。

これは…

気合のラッセルをつづけるが、あまりにも厳しい。

コースタイムから大きく遅れる。

時間が無い。


隊長!勇気ある撤退を!

うむ。


帰りに僕らのトレースを登ってくる登山者一行に出会う。

林道で敗退したと告げると、彼らも下山するという。

一緒に下山して、さらに札幌まで車で乗せていってもらった。

ありがとうございました。

小屋番です。

2008年01月20日 (日) 19:14 |
暖かい小屋から外を覗いて


我が部が管理する奥手稲山の家へ小屋の管理に行ってきました。

札幌市街地からもわりと近く、小屋の周辺にはスキーに適した斜面もあるため

小屋にはこの時期多くの登山客が訪れて行きます。

部では冬の間は雪降ろしなどのために毎週登っています。

     雪おろし


今回は前日までに結構な量の積雪があり、屋根にはたっぷりと雪が乗ってました。

屋根の上に登っての雪降ろしはちょっとしたスリルがあって少し楽しい仕事です。

落ちても下に厚く雪が積もっているので大丈夫。

実戦です。

2008年01月17日 (木) 00:56 |
今日、バイトへ行くと海外からのお客様の予約があるとのこと

これは自分の英語力を試す絶好のチャンス!とはりきって接客にのぞんだ。

お客さんは台湾出身でカリフォルニアの大学に留学していたらしい。

まずは英語でテキトーにあいさつする。

そして料理の説明を…

なんだコレは…

いつもの見慣れた品々が名前の分からない奇怪な食べ物に見える。

メチャクチャな英語で説明開始。

カキ
oyster

ナマコ
sea cucumber

ハマボウフウ
vegetable grow in the beach (かなりあやしい)

タラバガニの外子
kingcrab's egg(これで良いのだろうか)

タラの白子
タラは確かcod fishだ!でも白子って…そんなの知らない

悩んでいると店のマスターがテキトーな身振り手振りで説明してくれた。

お客さんは一応納得した様子。

その後もマスター流英会話術で会話は弾んでいった。

何とかなるもんだなぁ。

札幌近郊で山スキーを楽しむ

2008年01月14日 (月) 19:04 |
送電線


たまには近場で手軽に山スキーでも、ということで連休を利用して行ってきました。

1/13(日) ネオパラ


○ネオパラ
手稲山の東隣にあるピークは、地図に名はないが、ネオパラまたは第二手稲山と呼ばれている。ネオパラの名前の由来は、手稲山中腹にある山小屋パラダイスヒュッテの近くの斜面をパラダイスと呼んでいたのに対し、新しい(ネオ)パラダイスという意味で名づけられたという。札幌市内から気軽に行ける最も近い山スキールートで、平日でも人が入っている人気の山だ。(北海道雪山ガイドより)

ということで…

たくさんの登山客がいらしてました。

トレースがちがちラッセル無しで楽なのですが

斜面はシュプール(スキーで滑った跡)だらけ…

天気もあいにくの雪。寒い。

でも雪質はまあまあで楽しかった。

      ネオパラ第二斜面。よく見えません。


1/14(月) 旧送電線


札幌平和の滝先の林道を横切る送電線の中に“旧送電線”と呼ばれるものがあり、

その下は木などが刈り込まれていてスキーに適した斜面となっているらしい。

ということで、今度はそこへ行ってきました。


      旧送電線ルート。林道から


確かに刈り込まれてます。

斜面をどんどんと登って行き、上部へ。

そこには絶好のスキー斜面が!

旧送電線上部。絶好のスキー斜面



他の登山者のトレースなどもあまり見当たらない。

真白な斜面に思い思いのシュプールを描いて滑る。

楽しい!

天気も良いし最高である。

ヘトヘトになるまで滑って帰る。

満足。

      山スキー楽しい


      久しぶりの活躍。オスプレー/エクリプス36+5


もちろん弱層テストもします。



クリック→人気ブログランキング


英語の勉強

2008年01月11日 (金) 10:56 |
山ほどあります。


そろそろキチンと英語の勉強しなければ、と焦り始めております。

ということで近くの書店へ。

英会話の参考書は山ほどあります。どれが良いのやら…。

ん?


『ガンダムで英語を身につける本』著:ガンダムEnglish研究会


《例文》

 二度もぶった!親父にもぶたれたことないのに。
 That's twice! Even my dad never hit me!

 見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを。
 Let's just see.
 Let's test the reaction time of your brand-new mobile suits.


 坊やだからさ!
 Because he was a spoiled brat.


………。

これって実用書?日常会話で使わないようなものばかりのような…。

相手がガンダムオタクだったら会話がはずむかもしれないが…。

危なく買うところだった。


クリック→人気ブログランキング


Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.